かわもと脳神経リハビリセンター
アクセス 介護保険とは リハビリの必要な病気 リハビリとは 健康コラム カレンダー お問合せ
健康コラム

急性期脳卒中・片麻痺に対する部分免荷歩行訓練の効果について

これまで,慢性期脳卒中に対する部分免荷歩行訓練による歩行機能の改善効果に関しては多く報告されていますが,急性期脳卒中に関する報告はまだあまり多くありません。しかし,脳卒中は発症日からすでに「廃用性筋萎縮」が発生し,その後の回復の阻害となることは広く知られており,これを防止する意味で,「部分免荷歩行訓練」は大変に有意義な歩行リハビリテーション法として着目されています。また,近年では,この「部分免荷歩行訓練」を行なうことにより,歩行の第2の脳と言われている脊髄内のCPG(central pattern generator)をより効率的に強化できることも知られており,急性期・慢性期などの時期にとらわれず,脳卒中などによる歩行障害に対しては,積極的にこの方法を行なうべきであると思われます。

過去の「健康コラム」一覧へ
かわもと脳神経リハビリセンター
広島県福山市引野町1-22-28
TEL(084)940−6030
FAX(084)940−6020
営業時間=9時〜18時
休日=日曜日・祝祭日
※リハビリテーションに関するご相談・ご予約は随時承っております。お気軽にお問い合わせください!
医療法人社団 福寿草 かわもとクリニックについてはコチラ
スタッフ募集中
かわもと脳神経リハビリセンター
トップページへ